2019年01月16日

週末の独り言

 このところのジイサン、金曜日になるとせん妄に似た症状を起こしています。
 夜中に独り言(寝言?)を言い始めて明け方までしゃべり続け、私が呼びかけるとちゃんと返事できるもののトンチンカン。その状態が二日間続いて、月曜日になってようやく「いつものジイサン」に戻る。
 しかし、この「いつものジイサン」とは、「認知症のジイサン」に戻るということ。「いつものジイサン」はテレビにも関心がなく、口数がめっきり少ないのです。
 対して、夜中に独り言をいうときのジイサンはとても饒舌で、聞いていると、ジイサンの頭に昔の記憶が鮮やかに蘇っているらしい。これはつまり、せん妄のときこそアドレナリンが過剰に分泌されて、脳細胞が活発に働いているのではないかと思うのです。
 いつも思うけれど、認知症って不思議だなァ。

 動画は、独りごとを言うジイサン。
 どうやらこの日は、法廷に立っているようです。



posted by 亀太郎 at 05:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

春遠からじ

 メタセコイアの公園。
 もうチューリップが植えられていました。

チューリップ球根.JPG



 私の姿が見えないと、すぐに呼ぶジイサン。


posted by 亀太郎 at 09:42| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

淹れたてコーヒー

DSCN2365.JPG

 O鷲神社の帰り、Bルクス・モールに買い物がてら立ち寄って、淹れたてコーヒーを一杯。
 ほっと一息。広いホールで美味しいコーヒーを飲むのは、私にはぜいたくな時間。
コーヒー.JPG

 ここのコーヒーは、画像右の食料品スーパーのサービスカウンターで紙コップ(100円)を購入し、そこから20メートルほど離れた機械でセルフサービスで淹れるシステムです。機械の近くに店員さんはいません。機械に紙コップを入れてボタンを押すと、自動で豆を挽いてコーヒーが出て来ます。
 いつも思うのですが、これが不思議。紙コップを購入後、数時間経過していてもコーヒーが出てくるのです。私はてっきりサービスカウンターで売り上げ人数を記録して、機械には一定の時間内だけ稼働するセンサーが付いていると思っていました。
 が、違うようです。
 どうやら、紙コップを入れてボタンを押すと、コーヒーが何杯でも出てくるらしい。
 お金を払わず、自宅から持って来たマグカップでも大丈夫?
 機械の横には「お代わりできません」とあるけれど、それを知らない人は、例えばC国人などは悪意がなくても「お代わり」するのではないかと思うのです。
 と、以前にも書いたような?気がします。



posted by 亀太郎 at 06:40| Comment(58) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする